谷尾和昭さんのデビュー当時の様子

投稿者: | 2017年3月14日

谷尾和昭さんは12歳の時にあるミュージカルに主演され、テレビや舞台などに出演されていましたが声変わりを境に声が出なくなってしまったことによって非常に落ち込まれたようです。
それがきっかけでアメリカへの留学を決められたそうです。

しかし、アメリカへ留学したのはいいものの日本とは違った環境に悩んだこともあったようです。さらに田舎だったため、
日本人が一人しかいなかったこともあって全然馴染めないばかりか友達も出来ず、いじめられていたようです。ただそれを何とかしようと考えた結果、
みんなに認められることが必要だということである行動を起こしました。それはダンスパーティーの目立つ部分で踊ることでした。

何人かが目立つところで踊ったところで谷尾和昭さん自身がそこで踊ると会場が一体となってくれ、それから溶け込めるようになったということです。
またデビューはミュージカルで舞台などの活動が主だったのですが、ドラマや映画など映像作品への本格デビューを決め、出演されるようになったきっかけは

ミュージカルの大先輩に影響を受けたようです。理由としてはミュージカルの地位をあげることとミュージカルの知名度を高めるためであったと言われています。
しかしながら映像作品への本格デビューを決めた当初は舞台で演じることとドラマや映画で演じることの違いに戸惑いを感じたこともあったようです。
舞台では目の前のお客さん数百人から数千人に向けて分かるように、そのお客さん全てに届けるように演じていたようなのですがドラマや映画などの映像作品では目の前にお客さんは居らず、それを見るころには編集をされて作品として完成されたものになっているため何か違和感を感じていたようです。ただ演じていくうちにその違和感も消えていき、映像作品の良さも分かっていくようになったようです。
そして現在はさまざまな場所で活躍されている谷尾和昭さんですが、最終的にはミュージカルの舞台へと戻っていきたいと語っています。

それは自分を育ててくれた場所であると共に大切な場所だからということです。デビューもミュージカルからでしたし、自分を有名にしてくれたのもミュージカル、

そして小さな頃から慣れ親しんで演じることの面白さを教えてくれた場所もミュージカルだからということです。どんな活躍をしていてもミュージカルが自分の主軸であると言うことには変わりなく、
だからこそ最後にはミュージカルへと戻りたいと語っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です