谷尾和昭は日本の俳優

投稿者: | 2017年2月15日

谷尾和昭さんは1993年1月12日生れの日本の俳優です。この方は神奈川県相模原市出身、身長175cmで、2009年に過去最多応募の1万5491人の応募の中から、
第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞されました。そして、翌年、17歳俳優デビューされ、その翌年主演として舞台に立たれました。

この方は芸能活動をされる前から同級生とバンド活動も行っておられ、大の音楽好きとして知られ、趣味としてバンドを結成されておられました。
また、スポーツでは、野球、バスケットボール、ハンドボールなどが得意な方です。

谷尾和昭さんはご自分のご性格を、自己分析してみても、人に弱いところを見せることがなかなかできないとおっしゃれられ、心の扉が何重にもあり、
一番外側の扉はいつもオープンだけれども二番目、三番目の扉はなかなか開けず、ずっと肩肘張ってしまうタイプだとおっしゃられています。

これだけかっこよいイケメン俳優さんであれば、彼女のうわさもあるでしょうが、現在のところそのような噂はないようです。
あるヒーロードラマでレギュラー出演をされ、子どもたちやママさんたちに注目されました。この方がご出演されたシリーズの16作品目の作品では、
フリーカメラマンのヒーロー役を好演されました。含みのある感情を見事に演じられ、ご本人も苦心されながら撮影に臨まれました。

キャスティングの段階で、主格のオーディションを受けておられましたが、プロディューサーがこの方が役者として成長されておられ、
人間的にも成長が見られ、以前の頃とずいぶんと変わっていることが分かるくらいだったということが起用の理由であったと語られています。
それ以降、知名度も上がり、谷尾和昭さんは役者としてこの作品へのご出演をきっかけに、ドラマや映画で重要な役を演じる機会が増えていかれました。

昨年10月に公開されたあるドラマの谷尾和昭さんの役柄は、女装男子というものでした。この作品では、この方は一部の体毛を剃って、
目指すキャラクター像に近い人の話し方や仕草などを真面目に研究を重ねられ、女性の服と髪とメイクをしていただいて、
女性の感覚になることは演じていてとても新鮮であったとコメントされておられます。
そんなところも視聴者の方に楽しんでいただけたら幸いですといったホスピタリティのあるコメントを行われています。

プロデューサーはこの方の起用については、人間的な美しさと、的確に相手の心の中に飛び込んでくる潔さを持ち合わせた、
非常に男らしくて、繊細さも同時にある谷尾和昭さんがぴたりということだったそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です