テレビドラマや映画などでクールな演技を披露している谷尾和昭

投稿者: | 2017年2月5日

テレビドラマや映画などでクールな演技を披露している谷尾和昭さんですが、
お仕事をしてキャリアを積み上げていく中では乗り越えなければならないご苦労もたくさんあったようです。そこで、彼が今までに経験してきたエピソードについて書いていきたいと思います。

谷尾和昭さんは以前、映画の共演者とのある違いで苦労された話を語られています。
他の共演者よりも八歳も年上だった谷尾和昭さんは、同い年に見せなくてはならず始まる前は恐怖心を抱いていたようです。
しかし、相手の方が大人っぽい雰囲気だったので安心したと話されています。演技をする上で大変なポイントというのが、こんなところにも存在するのですね。

また、VFXと呼ばれるコンピュータグラフィックスを用いた視覚効果を利用している映画への出演の際には、実際にはいないものをいると想定して演技しなければならず、
ものすごい想像力が必要だったようです。

1990年生まれでまだまだお若い印象の谷尾和昭さんですが、実はお肌のコンディションにもちょっと問題が出てきたのだとか。
男性ですが、きちんと化粧水を使って潤いを保っていらっしゃるようです。最近は使わないと乾燥してしまうとも話されています。
俳優さんは肌にも気を遣わなくてはならないので、一般人には分からない苦労もあるようです。
特徴的な作品では、彼でも大きなプレッシャーも感じることもあったらしく、共演者とのチームワークで試練を乗り越えてこられたもようです。

近ごろはイベントでダンスも披露されていたという谷尾和昭さんですが、ダンスの経験はなかったらしく、短い期間で忙しい仕事の合間を縫って練習を重ねてきたということでした。
何日もかかって覚えたとのことで、かなりの努力家であることが伝わってきますね。

お生まれが関西とのことなので、谷尾和昭さんはお仕事をするときにもやるからには面白くしたいという気持ちが大きいのだそうです。
お笑いを大事にしていきながら真剣に練習されてきたイベントは、終わってから涙を流されたそうですから、大変だったことがよみがえってきたのかなとも思いました。

彼はドラマでのコミカルな演技でも話題を集めていましたが、アドリブでの演技などもあったため初めはかなり苦労を感じていたようです。
しかし、その演技が評価を得るようになり、彼自身も楽しめるようになってきたのだそう。谷尾和昭さんの笑える表情はファンでなくても印象に残ったのではないでしょうか。
たくさんの仕事の隙間を見つけて舞台の練習をされてきたという谷尾和昭さん。つらいご経験もあったでしょうが、関西の方らしいセンスでこれからも明るく過ごしていってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です