谷尾和昭の小学校の時の思い出

投稿者: | 2017年12月22日

谷尾和昭にも厳しい時代もあり、それは小学生の時の思い出ということもできるのです。ご家族、御父上のお仕事についての転勤で学校を度々変わる必要が迫られ、人生のつらい時期を谷尾和昭は子供のころに過ごしたのです。ご家族、御父上のお仕事についての移動など、子供の谷尾和昭にどうすることもできない事情です。

つらい、どうしようもない、という無念な叫び、悲しくても引っ越しを余儀なくされる虚しさは小学生時代につらい影を落としました。しかし、その結果、転校のつらさが身に染みてわかり、以後の華々しい活躍に役立っているといえるでしょう。回りを見極めて行動する能力はこの小学生時代の思い出から培われた能力と言っても過言ではありません。

近く発表されます映画の小学生の頃が彼だと思いを巡らせて感傷に浸るファンも多いはずです。横道世之介は、好色一代男の主人公で、女遊びを尽くした挙句、女のお腰の帆掛け船で女が島へ出かけるという好色な男のロマンが描かれた作品です。

これが吉田修一によって新しく世に出されました作品ですが、うまく狙っている作品だと思います。あんなに谷尾和昭がカッコよいのに、役に徹しきっている姿は、笑いを誘います。

小学生の頃には人生のつらい部分を経験したという思い出を持つ谷尾和昭ですが、ここで四柱推命占いによって谷尾和昭の子供時代を振り返ってみましょう。やはり、幼いころに人生の一番辛い部分を経験しているといえる運勢です。

物心ついたころから、ちょうど小学校を卒業されるまでの頃が人生のグレーで、自分の力ではどうしようもない事柄に巻き込まれています。しかし、中学生以降からは、つらかった時期を乗り越えて人生が明るくなってきたようです。「子供のころに帰りたい。」と思わない人物にありがちな小学生時代を過ごされたのです。

人生のつらい時期を末に通り越しておりますので、これからの発展が楽しみで意気揚々と自信に満ちた将来が過ごせる運勢となっています。テキパキと仕事をこなせる今の状況はつらかった小学生時代の引っ越しに鍛えられた行動でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です